【構造解析ミニ講座】構造解析の作業プロセス モデル化構想

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0079 静岡県掛川市掛川50-18
TEL 0537-22-7260



6−1.モデル化構想

・使用する要素の種類

現象と目標精度に応じた要素を選定する

・モデル化する範囲

現象の対称性などを考慮して必要最低限の領域を決める

・考慮する荷重の種類

現象に影響している荷重を見極める

・拘束(固定)の種類

拘束の方向性(自由度)を検討する

強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ
TML>