パッチン錠の強度計算

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0079 静岡県掛川市掛川50-18
TEL 0537-22-7260

パッチン錠の強度計算

100sec間でレバーが開いた状態から閉め終わるまでの時刻歴の強制変位荷重を設定し、非線形過渡解析機能を使って計算した。

パッチン錠の構造
   

レバー荷重と応力の変化のグラフを下記に示す。

パッチン錠のレバー荷重と応力の変化のグラフ

レバー荷重は動作の途中で+ピークから-ピークに反転後に小さな-値で落ち着くき、所謂スナップ動作をしている。
一方部材応力は荷重の反転の瞬間にピークとなり、その後は小さくなる。


応力の変化を下図に示す。

パッチン錠の応力変化-1

レバーの下げはじめでは応力はほとんどない。

 
パッチン錠の応力変化-2

レバーが水平に近づくと応力は急激に増加する。

 
パッチン錠の応力変化-3

レバーが水平位置を通過すると応力は急に小さくなる。

 

パッチン錠の動画



   強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ