【構造解析ミニ講座】構造解析の目的と効果

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0079 静岡県掛川市掛川50-18
TEL 0537-22-7260



2.目的と効果

・設計根拠の明確化

危険部位の状態(変位や応力)を定量的に評価できる


・設計品質の向上

多くの設計案を横並び評価が容易である

製品の変形挙動に対する深い洞察力が得られる


・開発工数の削減

設計と実験評価(強度)の繰返しせずに済む


・実測不可能な場合の評価

厳しい環境条件でも容易に評価できる

計測困難な部位(フィレットなどの応力集中部)の評価が可能


・実験品質向上

歪みゲージの貼り付け位置や方向の事前確認

加速度ピックアップの取付け位置の事前確認


・破壊(不具合)原因の追求

危険な応力状態となる荷重条件を逆に見つけ出すことが可能

(実験のように外乱を受けないので信頼性が高い


・加工条件の検討

部品のクランプ位置決定

金型冷却状態の検討

強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ