【構造解析ミニ講座】構造解析の作業プロセス

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0079 静岡県掛川市掛川50-18
TEL 0537-22-7260



6.作業プロセス

6−1.モデル化構想

             現象と計算の目的や精度に応じた妥当な解析モデルを計画します


6−2.幾何形状データの作成

             計画モデルに対応する3D形状を図面やCADデータを基に作成します


6−3.形状モデルの作成

             3D形状を基に適切な有限要素メッシュ作成や境界条件の設定などをします


6−4.計算実行

             出力項目の指定を指定して計算を実行します


6−5.モデルの検証

             経験や実験値・理論値と比較して計算モデルの妥当性を確認します


6−6.まとめ

             報告書やノウハウをまとめ報告します


強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ
TML>