【用語集】有限要素法

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0079 静岡県掛川市掛川50-18
TEL 0537-22-7260

有限要素法

材料力学をベースとする外力と変位の関係式を適用できる形状が単純な有限個の要素の集合体として構造物を表現(近似)する手法。
複雑な形状や現象の計算結果を容易に確認することができる。

構造力学以外、たとえば流体、熱、磁場の分野でも盛んに利用されている。


強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ