【用語集】破壊・破損の条件

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0079 静岡県掛川市掛川50-18
TEL 0537-22-7260

破壊・破損の条件

材料力学において破壊や破損の代表的な条件として

 
  • 最大主応力:最大主応力が単純引張り試験の破壊応力に等しくなった時に破壊する 
  • 最大せん断応力説:最大せん断応力が単純圧縮試験における破壊時の最大せん断
    応力に等しくなった時に破壊する 
  • 最大せん断ひずみエネルギー説:ミーゼス相当応力が降伏応力に等しくなった時に
    破壊する

などがあり判定は単純ではない。全ての破壊にあてはめられる万能な破壊条件はない。

とは言え一般的な使用条件での破壊形態は材料により概ね決まっており、ガラスは最大主応力、アルミはミーゼス応力で評価するのが普通である。 評価条件がはっきりしない場合はどの条件に一致しているかを確認する必要がある。


強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ