自動メッシュモデルへの表層要素追加方法

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0043 静岡県掛川市大池2998-1
TEL 0537-22-7260

2.表層要素追加方法

@オリジナルモデルの表面節点に以下の強制変位の条件を生成する。
面上の節点 ⇒ 面垂直方向のみの強制変位(面内方向は自由に移動可能)
稜線上の節点 ⇒ 稜線垂直方向の強制変位(稜線方向は自由に移動可能)
頂点上の節点 ⇒ 全方向の強制変位


Aオリジナルモデルを上記強制変位条件で計算し、領域内部方向に均一な弾性収縮をさせ、各節点座標を収縮後の値に置きかえる。

B弾性収縮空間に五面体要素を付加する。
収縮後の節点同士の位置関係はオリジナルの位置関係を保てるので五面体要素を容易に追加出来る





強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ
ody>