テントの風圧強度計算

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0079 静岡県掛川市掛川50-18
TEL 0537-22-7260

テントの風圧強度

風速5m/secおよび10m/secに対する風圧荷重と重力を掛けて挙動を確認しました。
風向きは正面と側面からの2方向を計算しました。

テントのモデル(風荷重:正面方向) テントのモデル(風荷重:側面方向)

(1)風向きが正面方向の場合

テントの変形(正面:風速5m/sec)  テントの変形(正面:風速10m/sec)

風速10m/sでは、風下側の屋根面が負圧のために膜が上に凸になり、パイプから離れているのが分かります。風上側の柱下端の拘束力は下向きになるのでしっかり固定しないと転倒の可能性があります。

パイプの応力(正面:風速5m/sec)  パイプの応力(正面:風速10m/sec)

風速10m/sでは、柱パイプの応力は耐力を超えており破損の可能性があります。


(2)風向きが側面方向の場合

テントの変形(側面:風速5m/sec)  テントの変形(側面:風速10m/sec)

風速10m/sでは、風上側の屋根面が負圧のために膜が上に凸になっています。また柱の拘束力は全て上向きなので、まだ転倒の可能性は低いと思われます。

パイプの応力(側面:風速5m/sec)  パイプの応力(側面:風速10m/sec)

風速10m/sでも、柱パイプの応力は十分小さく問題ありません。

テント構造の風圧による変形アニメーション


   強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ