梁のクリープ解析

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0079 静岡県掛川市掛川50-18
TEL 0537-22-7260

梁のクリープ解析

クリープとは強制変位状態では応力や反力が減少したり、一定荷重状態で時間経過に伴って変位や応力が増大する現象である。樹脂や半田でよくみられるが、一般的な金属でも応力や温度によって問題になるときがある。

以下はSUSの梁の3点曲げ試験に対しクリープ解析を行った例である。

荷重の負荷履歴
@下向き907kgf負荷後/弾塑性解析-->A下向き907kgf×312hr後/クリープ解析
-->B下向き1020kgf負荷後/弾塑性解析-->C下向き1020kgf×312hr後/クリープ解析
-->D上向き907kgf負荷後/弾塑性解析-->E上向き907kgf×312hr後/クリープ解析
-->F除荷後/弾塑性解析

SUS梁の3点曲げモデル

クリープによる応力変化


荷重と変位の時刻暦

荷重と変位のヒステリシス

   強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ