本棚の耐震強度解析

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0079 静岡県掛川市掛川50-18
TEL 0537-22-7260

本棚の耐震強度

自立している本棚の耐震強度を確認した。ただし床とはしっかり固定されて転倒しないとする。
右(X)方向と前(Z)方向の水平震度0.6の条件で、本の積載状態は30kgw×5段と40kgw×5段を評価した。木材の強度は30MPaと考える。

本棚の構造モデル-1     本棚の構造モデル-2

積載状態:30kgw×5段の結果
30kgw/段で右方向水平震度0.6の応力 30kgw/段で前方向水平震度0.6の応力 

積載状態:40kgw×5段の結果
40kgw/段で右方向水平震度0.6の応力 40kgw/段で前方向水平震度0.6の応力

・背面のブレースと柱断面の特性のために左右方向は剛性があるが、前後方向は弱い。
・40kgw/段の場合、前方向水平震度0.6で柱の最下段の固定位置付近が材料強度30MPaを超える。
・したがってこの本棚では安全をみて30kgw/段程度にしておく必要がありそう。

強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ