台車の強度解析

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0079 静岡県掛川市掛川50-18
TEL 0537-22-7260

台車の強度解析

台車の床中央に所定の積載荷重(150kgw)を掛けた場合の強度を確認しました。
裏側リブ形状としては単純なリブの初期仕様と中央にリブを集中した改良仕様の2種類を計算しました。


台車モデル


初期仕様では積載荷重による曲げモーメントを主に長手方向1本のリブが負担しているのに対し、改良仕様では3本に増えたリブに負担が分散されています。

初期仕様の最大応力274MPaは材料の許容応力235MPaを超えてしまいますが、改良仕様では203MPaで許容応力に収まってOKとなりました。


台車応力

強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ