構造解析ミニ講座

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0079 静岡県掛川市掛川50-18
TEL 0537-22-7260

構造解析ミニ講座

この講座は構造解析をこれから始めようとされる方を対象として、”特に注意して欲しいこと”を中心に述べたいと思います。説明項目は順次増やしていく予定です。


構造解析を実際にやってみると理解し難いことがでてきます。コンサルテーションでも、どのように説明すれば分かってもらえるかと私なりに苦労したことでもあり、そのうちの幾つかを紹介したいと思います。


この講座では”構造解析ソフト”としてはNASTRANやI−DEASクラスの解析専用ソフトを念頭に置いています。個々のソフトについては当てはまらない場合もあるかと思いますが、ご容赦下さい。


説明として厳密性に欠けることがあるかもしれません。ご意見を頂ければありがたく思います。



1.構造解析とは


2.目的と効果


3.解析の種類


4.材料の種類


6.作業プロセス


      6−1.モデル化構想


      6−2.幾何形状データの作成


      6−3.形状モデルの作成


      6−4.計算実行


      6−5.モデルの検証


      6−6.まとめ


7.要素特性


8.メッシュ分割


9.応力特異点


10.線形と非線形


これから始める方に


強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ