パソコンラックの過渡応答解析

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0079 静岡県掛川市掛川50-18
TEL 0537-22-7260

パソコンラックの過渡応答解析

右前側フレームに衝撃荷重(T=0,01〜0.04sec)を受けた場合を想定し、モニター重心位置を応答点とした過渡応答計算をした。



kato_m.gif


time000.gif
T=0.00 sec
time002.gif
T=0.02 sec
time004.gif
T=0.04 sec
time006.gif
T=0.06 sec
time008.gif
T=0.08 sec
time010.gif
T=0.10 sec
time012.gif
T=0.12 sec
time014.gif
T=0.14 sec

kato_1.gif

Mode 1 が励起された0.18sec周期(5.6Hz)の減衰振動となっている。

 
強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ