自転車フレームの強度計算

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0079 静岡県掛川市掛川50-18
TEL 0537-22-7260

自転車フレームの強度解析

マウンテンバイクをモデル化(主に板要素を使用)し、フレームの応力を確認しました。
なお拘束条件は自転車走行時の変形を制約しないように設定してあります。

サドル荷重

サドルに乗った場合はフレーム中央が沈み込むような変形となり、ダウンチューブのトップチューブとの連結部上側に高応力域が見られます。
またシートチューブのシートステーとの連結部付近にも高目の応力が発生しているのが分かります。

ペダル荷重

右ペダルを踏み込んだ場合はフレーム中央が右側に倒れるような変形で、ダウンチューブの下側の応力が高目ですが、ボトムブラケットシェル(ペダル軸受け部)周辺に高応力域が広がっています。

 

サドル荷重時の動画



ペダル荷重時の動画



強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ