手すりの強度計算

サイトマップ

電子、電機、機械、自動車、船舶や建築設備等の

強度・振動・熱・疲労や耐震強度の計算請負

構造解析で“根拠のある設計”にしませんか?
CTS (有)構造計算テクノロジー
〒436-0079 静岡県掛川市掛川50-18
TEL 0537-22-7260

手すりの強度計算

アルミフレームの手すりに、20kgの子供が寄りかかった場合を想定し、その時の水平方向荷重を10kgfとして力を手すり中央にかけ応力を計算しました。

境界条件は上パイプ取付ブラケット端面と下フラットバーの5ケ所を壁に固定し、上パイプ中央に水平方向荷重を負荷しました。
手すりの計算のモデル

   
   

たわみは、手すり中央部が最大となっており、変位量は3.3mmでした。

  手すりの計算結果(変位量)

応力は手すりパイプの固定部周辺に最も高い応力が出ていますが、アルミの降伏値より小さいことがわかりました。(壁の材質やねじの本数など、壁との固定条件によっては変わる可能性があります。) 手すりの計算結果
  手すりの計算結果(最大応力値)



   強度計算を請負う(有)構造計算テクノロジーのトップページ